ロレックスの水没品を買取! 水没で動かなくなったロレックスの価値は!?

Pocket

買取した商品のご紹介

こんにちは。

 

ラフテルの鑑定士の半田です。

 

当店ではロレックスの高額買取を行ってます。

 

ロレックスは通常動作品だけでなく、動かなくなったものや壊れているものも買取が可能です。

 

 

それでは今回買取させて頂いたロレックス Ref.16014 の水没品をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

状態

今回査定させて頂いたロレックスですが、水没しており機械自体も不動の状態です。

 

 リューズも開いており、そこからも水が入って文字盤の中の淵の周りもサビが出ている状態でした。

 

ロレックスや他のブランドの時計でもガラスの中の文字盤にサビが入っている時計も査定する事がありますが、これはリューズが完全に閉まってなく水分が入ってしまった事も一因と考えられます。

 

ブレスレットの部分も垂れがかなり大きい状態です。

 

 

 

査定額

150,000

 

 

 

 

 

査定ポイント紹介

査定のポイントとしましては、水没して動かなくなったロレックスにどれくらいの価値が付くかという事です。

 

今回の場合は文字盤までサビが回っており、ある程度正常なロレックスに戻す場合は機械の交換や文字盤の交換などの修理代がかかります。

ロレックスや高級ブランドの時計はオーバーホール代だけでも¥50,000前後かかりますし、今回の水没品の場合は機械の部品などの交換も必要となってきますので、¥100,000前後の修理代がかかるケースもあります。

 

またブレスとケースをつなぐフラッシュフィットもサビが回っており、これも交換が必要となってきます。

 

 

しかしながらロレックスの場合はケースやブレスレットの部品としても価値があります。

 

 

よほどボロボロの状態でない限りは機械が動いてない状態でも通常動作しているロレックスの1/2前後の買取は可能なケースもあります。

 

今回の場合は状態も良くは無かったのですが、高額の買取とさせてもらいました。

 

 

 

 

 

まとめ

ロレックスの場合はもともとの買取査定金額が高い為、機械が動かない場合でも修理費用を差し引いても買取品として値段が付きます。

 

一般的なブランドの場合は買取査定金額よりも修理代のほうが大きくなってしまう為、買取が難しいケースや買取金額が安くなるケースもあります。

 

通常動作していないロレックスや部品が壊れたロレックスは修理代やオーバーホール代など高額になるケースが多いのですが、ある程度の状態のロレックスであれば修理代をかけるより高額の買取が出る場合もあります。

 

水没品や不動品のロレックスは当然買取店によっての査定は差があります。

 

そのような状態のロレックスの場合はかなり買取が安くなる買取店もありますので、水没品や不動品のロレックスをお持ちの方は高額査定の当店までご連絡ください。