ロレックス ヨットマスター2 116680高価買取いたしました。 埼玉県のお客様

Pocket

こんにちは。

 

ラフテル鑑定士の山本です。

 

大掃除をして色々な物が出てきた方多いとおもいます。

 

実際価値ある物を捨ててしまっている方って結構いらっしゃいます。

 

まず捨てようと思う前に査定は無料ですので、どんなものでも一度ラフテルの無料査定をお試しください。

 

では本日のお宝はなんとロレックスです。

 

 

 

 

 

買取した商品のご紹介

その中でも人気のヨットマスター2という高級品になりますので、ご紹介していきましょう。

 

さてさてまずはヨットマスター2の見た目はこちら

 

 

 

かっこいいですね~。

 

個人的にこの青ベゼルは凄く大好きです。

 

 

 

どの角度から見ても素敵ですね。

 

ヨットマスターは1992年にダイバーズウオッチのサブマリーナシリーズに、ゴールドやプラチナ素材など華やかでラグジュアリー性をもたせたプレミアムなスポーツモデルとして誕生しました。

 

2007年にケースサイズを40mmからヨットレースのスタート用のために、カウントダウンの機能、レガッタクロノグラフ機構を搭載するため、ケースサイズを44mmに拡大したヨットマスター2が誕生しました。

 

ヨットマスターには全てステンレス素材だけ使ったモデルは存在しないのです。

 

先ほども説明したように、サブマリーナをラグジュアリーにしてるモデルという言い方が正しいかもしれませんが、ゴールド無垢のモデルや、ステンとゴールドの組み合わせのロレゾール仕様であったり、ステンとプラチナの組み合わせのロレジウム仕様であったりがラインナップとしてあります。

 

特にREF116622というモデルはステンとプラチナが放つ独特な存在感から、代表的なモデルとなっておりますので、お好きな方は調べてみてください。

 

 

 

査定ポイント

さてベルトの部分のお写真になりますが

 

 

 

傷やたるみも少なく綺麗ですね。

 

こちらのベルトの素材はステンレス素材となっております。

 

さて、一体いくらになるのでしょうか。

 

 

 

 

 

ラフテルでの査定

ラフテルでの買取価格はなんと¥1,580,000

 

お客様は何店舗か回られたそうですが、ラフテルが圧倒的に高く即決していただけました。

 

なぜそこまでお値段を頑張れるかというと、ラフテルでは独自の時計の海外への販売ルートを持ってますので、ここまでお客様の期待に応えれるわけです。

 

時計以外の宝石、骨董、切手など幅広く取り扱っておりますので、大掃除などででてきたものを一度無料なので持ってきてみてはいかがでしょうか。

 

後悔させない自信と真心で査定させていただきます。