ロレックスのデイトジャスト10Pダイヤの買取はどれくらい?

Pocket

ロレックスのデイトジャスト10Pダイヤの買取はどれくらい?

 

ロレックスの中でも、歴史のあるモデルの1つがデイトジャストです。

 

1945年に登場したデイトジャストは、様々なバリエーションがあります。

 

とくに、インデックスの種類が豊富です。

 

今回は、その中でも10Pダイヤ(12時とデイト表示部分以外の10カ所にダイヤを使用)のデイトジャストの買取情報を中心に紹介していきます。

 

 

 

 

 

ロレックスのデイトジャスト10Pダイヤの特徴と買取価格!

 

 

 

デイトジャスト10Pダイヤの特徴

デイトジャストは、モデル名でありながら機能を表す名前でもあります。

 

ロレックスの三大発明と呼ばれるものの1つであり、午前0時になると一瞬で日付が変わる機能のことをデイトジャストと呼んでいるのです。

 

そして、そんなデイトジャストの10Pダイヤとは、10カ所にダイヤモンドが使用されたモデルのことを指しています。

 

12時とデイト表示部分以外の10カ所にダイヤモンドが使用されており、人気の高いモデルとなっています。

 

ちなみに、10Pルビーや10Pサファイヤなどのモデルもあり、それらも需要が高いモデルです。

 

 

 

デイトジャスト10Pダイヤの買取傾向について

デイトジャスト10Pダイヤの買取は、比較的に高額になることが多いです。

 

もともと、デイトジャストは需要が高いため、買取価格も安定して高値を維持しています。

 

その中でも、ダイヤモンドを使用しているデイトジャスト10Pダイヤは、高額になりやすい傾向があります。

 

ちなみに、10Pダイヤ以外の種類もデイトジャストは高額になりやすいです。

 

種類が多いデイトジャストは、コレクターからの人気も高く、買取価格も高額になりやすくなっています。

 

 

 

デイトジャスト10Pダイヤの買取価格はどれくらい?

デイトジャスト10Pダイヤの買取価格の目安ですが、モデルと状態によって大きく違ってきます。

 

そのため、参考程度に大まかな目安を紹介していきます。

 

まず、Ref16233Gの買取価格は、30万円~52万円ほどです。

 

Ref116234Gの買取価格は、50万円~83万円ほどとなっています。

 

Ref17171Gの買取価格は、60万円~70万円ほどです。

 

179173Gの買取価格は、50万円~60万円ほどとなっています。

 

Ref179174NGの買取価格は、48万円~58万円ほどです。

 

Ref179174Gの買取価格は、42万円~54万円ほどとなっています。

 

このように、種類によって買取価格は大幅に違うのです。

 

ちなみに、この買取価格はあくまで参考です。

 

需要や供給の状態によって、変化することがあるので注意してください。

 

 

 

 

 

ロレックスのデイトジャスト10Pダイヤの買取査定のポイント

 

 

 

状態面が重要!

デイトジャスト10Pダイヤの買取査定において、とても重要視されているのが状態面です。

 

状態が悪ければ、どうしてもマイナス査定となりやすいです。

 

ロレックスにおいて、状態が悪いというのは、ガラスが割れていたり、修復は不可能なほどのキズがあったりすることを指しています。

 

また、オイスターやパーペチュアル、デイトジャストなどの機能に不具合が生じている場合も、マイナス査定となりやすいので注意してください。

 

逆に言えば、状態面が良ければ高額買取になりやすいです。

 

丁寧に使って、メンテナンスをしっかりしておくことで、高額買取を目指すことができます。

 

 

 

付属品の有無によって買取価格は変化!

ロレックスの場合、どのモデルであっても付属品の有無が買取価格に影響します。

 

付属品が揃っているほど、プラス査定となります。

 

保証書はもちろん、箱やブレスレットのコマなども、揃っていればプラス査定となるのです。

 

ちなみに、一番重要なのは保証書です。

 

保証書があれば、真贋をチェックすることができ、販売ルートの確認をすることができます。

 

そのため、保証書があることによって、数万円のプラス査定となることがあるのです。

 

デイトジャスト10Pダイヤだけでなく、どのロレックスのモデルでも、できるだけ付属品を揃えて買取に出しましょう。

 

 

 

実は故障していても買取の対象

意外かもしれませんが、デイトジャスト10Pダイヤは故障・破損していても買取できるケースが多いです。

 

これもロレックス製品の特徴なのですが、基本的にロレックスのモデルなら、故障・破損していても買取の対象となる傾向があります。

 

故障・破損をしていると、どうしても買取を諦めてしまいがちです。

 

しかし、ロレックス製品なら買取の対象となることが多いため、ぜひ買取に出してみてください。

 

 

 

 

 

まとめ

今回は、ロレックスのデイトジャスト10Pダイヤの買取情報をメインに紹介してきました。デイトジャストは、様々なバリエーションがあるモデルです。

 

なかでも、デイトジャスト10Pダイヤは、ダイヤモンドが使用されており、人気のあるモデルとなっています。

 

需要が高いため、買取価格も高くなりがちです。

 

買取で重要なのは、付属品の有無や状態面となっています。

 

付属品をできるだけ揃え、好状態をキープして買取に出すようにするのがおすすめです。

 

また、故障・破損していても買取の対象となることが多いです。

 

故障・破損していても、諦めずに査定に出してみましょう。