ロレックスサブマリーナデイトを高価買取致しました。東京都のお客様

Pocket

こんにちは、今回は高級時計「ロレックス」を買い取りさせていただきました。

 

現在、ロレックスの買い取り価格が高騰していると噂を聞きつけご来店いただいたそうです。

 

「ロレックス」の時計といっても数多くのモデルが有ります。

 

 

 

 

 

買取した商品のご紹介

買い取らせて頂いたのがロレックスサブマリーナデイトRef.116613LBです。

 

 

 

サブマリーナのご紹介

まず、簡単にロレックスサブマリーナシリーズのご紹介をしたいと思います。

 

初代サブマリーナは、1953年に100m防水・潜水時間を測定するための回転ベゼルを搭載したプロ仕様の防水腕時計として開発されました。

 

その後、200mに強化され現行モデルでは300m防水となっております。

 

近年、ファッションアイテムとして着用している方も多いですが、現在も「防水性」にすぐれておりプロのダイバーは勿論マリンスポーツやフィッシングといった海に関する趣味を持つ方にもおすすめの腕時計です。

 

サブマリーナは大きく分けて二つの種類があり、ひとつはカレンダーが搭載されている「サブマリーナデイト」。

 

もう一つは、カレンダーが搭載されていない「サブマリーナノンデイト」です。

 

どちらのモデルが良いという優劣は無いと思いますが、もしご購入を検討している人がいれば新品価格・中古価格ともに「ノンデイト」のほうが大まかに10万前後安くご購入出来ますので参考にして頂ければと思います。

 

それでは、今回買い取り致しましたサブマリーナについてですが「サブマリーナデイト」Ref.116613LB通称「青サブ」の愛称で親しまれています。

 

 

文字盤とベゼルが海をイメージさせるブルーを基調したコンビモデル。

 

Ref.16613の次期モデルとしてデザインは受け継ぎながらも、耐傷性に優れたセラミックベゼルを搭載しており、ベゼル部分にはイエローゴールド特殊コーティングが施されています。

 

「青サブ」はサブマリーナの歴史を受け継ぎながらも随所に新しい技術を取り入れ、高級感溢れるデザインと耐久性で人気を博しております。

 

 

 

 

 

 

ラフテルでの査定

そんな「青サブ」の買い取りですが、ここ数年買い取り相場は上昇。

 

今回お持ちいただいたサブマリーナデイトRef.116613LB「青サブ」ですが、状態も良好のため130万円で買い取りさせて頂きました。

 

 

 

お客様の予想額も大幅に上回り大変ご満足いただきました。

 

もちろん、状態により値段の増減はありますが買い取り相場が上がっている現在でしたら、きっとお客様にご満足いただける査定ができると思います。