ロレックスのメンテナンス

Pocket

ロレックスの腕時計はとても高価な時計ということもあり、日ごろのメンテナンスがとても大事となります。

日ごろからメンテナンスを行っていない場合、故障の原因になってしまう場合や、劣化促進の原因となってしまいます。

そのため、購入したらそのままずっと着けていられるというものではないということをお客様に知ってもらいたいと思い、今回はメンテナンス方法について書いていきたいと思います。

ロレックス コラム

オーバーホールとは?

ロレックスの修理などでよく聞く、「オーバーホール」という点検があります。

これは、定期的に時計を分解して、点検・修理・清掃を行うことを指しています。

時計のオーバーホールは車検とは違い、義務ではないですが、3~4年に1度は絶対に行っておくべきです。

オーバーホールには古い油を除去して新しい油を注入するという機械式腕時計にとても重要である作業が含まれているので長く愛用したい方は定期的に行うべき点検となります。

オーバーホールは普通の点検とは違い、一旦全て分解し、各部品の状況を確認した後洗浄や研摩のし直し、不具合のある部品の交換などを行う作業となります。

そのため、価格は高くなっており、3~8万円超えと簡単に手をつけられる値段ではない金額となってしまっています。

しかし、先ほども説明させていただきましたが、オーバーホールは車の車検と同じように定期的にすべき作業となります。

高いからやらないなどをしてしまうとロレックスの寿命は短くなってしまうので、ロレックスを購入する時には定期的にオーバーホールを行う必要があってその資金にも困らない程度貯金をしてから購入をすることをオススメします。

それぞれの部位のメンテナンス方法

ブレスレッドの汚れ

バックルの裏には汚れが溜まりやすいのでブラシで磨き、クロスで拭き取るようにしてお手入れをしてあげてください。

これと同時に、本体とブレスレットのつなぎ目もお手入れをしてあげると更に綺麗になります。

ロレックス メンテナンス

ケースやガラスの汚れ

サイドや、ベゼルの汚れが気になる方は、まず初めにやさしくブラッシングをした後に、時計ケア用のクロスを使用し、全体を綺麗に拭き取ってください。

ガラスもお手入れをしないで放置しておくと曇ってしまう場合がありますのでこまめにお手入れをすることをオススメします。

ロレックス メンテナンス

革ベルトの汚れ

革ベルトは性質上、内部の繊維に汚れや湿気を溜めやすくなっているのでしっかりとお手入れをすることが必要となります。

革ベルトのものは汗が付着することが多くなっています。

そのため、使用したその日の終わりにはしっかりと時計ケア用のクロスで拭き取ることを強くオススメします。

ロレックス メンテナンス

このようにお手入れは日々使用していくロレックスの中でとても大切なことと言えます。

お手入れをしないことによってロレックスの寿命を縮めてしまいますので、いつまでも綺麗なロレックスを使用していくのであれば、こまめにお手入れをしていくことがとても重要となります。

故障例&修理費

ロレックスには様々な故障が付き物となります。

まず、故障をさせないために日々のメンテナンスが重要となります。

しかし、「なにかのきっかけで放置してしまった」、「メンテナンスをしていたが故障した」などのことで故障してしまう可能性も秘めています。

今回は、代表的な故障例とその故障によって修理をするのにどれだけの値段が掛かってしまうのかをご紹介していきます。

時計が止まってしまう

時計が止まってしまうということは多々あるようです。

実際にそれで修理に出している人も多くいらっしゃいます。

この時計が止まってしまう原因は潤滑油の劣化や乾燥が原因となっており、修理費の目安は¥10,000-からとなっています。

ゼンマイが正常に巻くことができない

ゼンマイが正常に巻くことができない場合はゼンマイ切れか角穴車の欠損が原因と思われます。

この際の修理費の目安は¥4,000-からとなっています。

内部からカラカラと音がする

ロレックス内部から音がする場合は、内部のネジが外れていたり、ルビーが割れている可能性もあります。

このまま放置してしまうと、他のパーツへ影響を及ぼしてしまう可能性があるので早急に修理が必要となっています。

この際の修理費の目安は¥10,000-からとなっています。

ガラスが割れてしまった

これはロレックスの時計だけに関わらず、最近ではサファイアクリスタルを使用しています。

このサファイアクリスタルはダイヤモンドに次ぐ硬度を誇りますが、衝撃には強くないのでぶつけたり、落としてしまうと割れてしまう可能性があります。

この際の修理費の目安は¥18,000-からとなっています。

ブレスレットが切れてしまった

ブレスレットはピンでとめられているのでそのピンがダメになってしまうと、コマが全てバラバラになってしまいます。

この際の修理費の目安は¥10,000-からとなっています。

代表的な故障例を挙げてみました。

このように故障の原因は様々となります。

修理費の目安を見てもらえばわかるように、ロレックスの修理には数万円と掛かる場合が多くなっています。

修理だけでここまでの金額が掛かってしまいますので、日ごろのメンテナンスや綺麗に扱うことがどれだけ重要なのか分って頂けるかと思います。

まとめ

今回は、ロレックスのメンテナンスについて書かせていただきました。

ロレックスは簡単に購入することが難しいブランド時計となりますが、購入すると資産価値となる時計です。

ロレックスの時計は簡単に故障することのないように作られてはいますが、絶対に壊れないわけではありません

そのため、オーバーホールなどを行い、メンテナンスを行っていくことが必要不可欠となるのです。

故障してしまったから使わなくなったというお客様もいらっしゃいますが、勿体ないと思います。

私たちラフテルは、そのような動かなくなってしまったなどのロレックスも買取を行っています。

壊れてしまったからといってロレックスの資産価値は0にはなりません

ですので、使わないロレックスをお持ちでしたら是非、ラフテルまでお問い合わせください。

沢山のお問い合わせお待ちしております。