ロレックスのリファレンスナンバーってなに??

Pocket

ロレックス記事

 

 

 

 

リファレンスナンバーとは・・・?

ロレックスの全ての腕時計には全てこのリファレンスナンバーというものが刻まれています。

 

リファレンスナンバーと聞くと一見、何かの番号かなと予想すると思います。

 

そうです、これはロレックスのロそれぞれのモデルに示された型番のことを指しています。

 

リファレンスナンバーは、数字の並びによって特定のモデルを示しているものです

 

仮に買取業者にロレックスを出すのであれば、買取業者はまず、リファレンスナンバーを確認してどのモデルかを調べてから査定に入ります。

 

これは私たちラフテルも同じです。

 

そしてこのリファレンスナンバーですが、偽物の判別にとても役立ちます。

 

 

 

 

 

リファレンスナンバーの確認方法

ロレックスのリファレンスナンバーは基本的に6ケタの数字です。

 

時に、1~3文字のアルファベットが付いている場合があります。

 

古いモデルとなると、5桁や4桁のリファレンスナンバーも存在します。

 

数字の並び、アルファベットの並びには意味があり、その並び方によってモデルを判断することができます

 

しかし、リファレンスナンバーは各商品固有の番号であるシリアルナンバーとは違うと言うことだけは覚えておきましょう。

 

 

 

どこにリファレンスナンバーは書いてある?

ロレックスを購入すると保証書が付いてきます。

 

その保証書があるのであれば、保証書の中のどこかに「Ref.」で始まる数字の羅列があります。

 

それがリファレンスナンバーとなります。

 

中古品などのロレックスの場合、保証書が無いということもありますが、確認する方法はあります。

 

ロレックスは基本的にブレスレットを外した0時の側面にリファレンスナンバーが刻印されているのです。

 

リファレンスナンバーの確認方法を紹介しましたが、慣れていない人が行うと傷をつけてしまう可能性もあるので十分気を付けて行うか、買取業者や時計屋などの専門の方に任せるのが良いでしょう。

 

 

 

 

 

ロレックス記事

 

 

リファレンスナンバーの数字の見方

ここでは例を挙げて説明していきます。

 

「Ref.○○○○△□LB」

 

というリファレンスナンバーのモデルがあったとします。

 

この場合、○はモデル名の数字の羅列です。

 

△はベゼルの形状であり、□はケースやブレスレットの素材を指しています。

 

最後のLBというのは装飾の種類であり、LBは青のベゼルを指しています。

 

まずは、○の部分について説明していきたいと思います。

 

ロレックスのリファレンスナンバーが6桁の場合は最初の4桁、5桁の場合は最初の3桁がおおよそのモデルを判別することのできる数字の羅列となっています。

 

例えば、1164から始まるものはミルガウス、1152から始まるものはオイスターパーペチュアルデイトなどのように数字によってモデルが振り分けられているのです。

 

次に△について説明していきます。

 

△はベゼルの形状を指しています。

 

リファレンスナンバーが6桁なら5番目の数字、5桁なら4番目の数字が文字盤を囲んでいるベゼルというパーツの形状を指しています。

 

例えば、0だった場合は刻みなどが入っていないノーマルなベゼルを指しており、4だった場合は細かく刻みの入った模様をしているベゼルのようにそれぞれの形状によって数字が違ってきます。

 

しかし、必ずしもこれがあっているということではなく、例外も存在するということを覚えておいてください。

 

次に□について説明していきます。

 

□はケースやブレスレットの素材を指しています。

 

リファレンスナンバーの最後の数字がこのケースやブレスレットの素材を表している数字となります。

 

例えば、0だった場合はステンレススティール、6だったらプラチナ、8だったらイエローゴールドのように分類されています。

 

最後に数字の後に綴られている英語の説明をします。

 

リファレンスナンバーの最後に2文字や3文字のアルファベットがついている場合は装飾素材があるということを指しています。

 

簡単にご紹介していきます。

 

Gの場合はダイヤのインデックス、LEの場合は、文字盤を囲むダイアルとエメラルドのインデックス、NGRの場合はシェルダイアルとルビーのインデックス、GVの場合はグリーンガラスのように様々な分類がされています。

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

リファレンスナンバーを一般の方が全て覚えるのは無理があるレベルと思います。

 

しっかりと覚えておかなくてはならないのは、このリファレンスナンバーの配列はロレックスが公式に認めているものではなくて、市場で流通したモデルのリファレンスナンバーから導きだされたものだから例外が多いということです。

 

完璧に信じるのではなく、多分これかなというような感じで見ていただけたらと思います

 

私たちラフテルはリファレンスナンバーも見ますが、それ以外にもしっかりと査定ポイントを用意して査定を行っています。

 

私たちラフテルは、ロレックスの全モデルの買い取りに力を入れています。

 

お客様からのお問い合わせで、「動いてないけど買い取りは可能?」、「傷がついてるけど値段つかないよね?」などのお問い合わせも沢山あります。

 

しかし、そのようなロレックスでも私たちラフテルは力を入れて買い取りを行っています。

 

そして、本社は東京となりますが、遠方のお客様にもしっかりと対応ができるようにと「店頭買取・出張買取・宅配買取」の3つをご用意しております。

 

遠方のお客様も東京在住のお客様もお気軽にお問い合わせしていただけたらと思います。

 

それでは、沢山のお問い合わせ、お待ちしております。