ロレックスの限定品はどれほどの価値がある? 限定品はなぜ発売される??

Pocket

買取した商品のご紹介

本日ご紹介するのはこちらの腕時計です。

ロレックス デイトジャスト

 

 

「ロレックス 116263 デイトジャスト ターノグラフ 白文字盤 グリーン針」

 

日本300本限定で発売されたものです。

 

スペックは以下の通りです。

 

・素材:ステンレススチール、18Kイエローゴールド

 

・ムーブメント:自動巻

 

・ケースサイズ:36

 

・防水性:100

 

・風防:サファイアガラス

 

・機能:デイト表示

 

秒針や日付が緑色のところは日本限定の特徴でもあります。

 

今回お買い取りさせていただいたのは白文字盤ですが、黒文字盤のものもあり、各300本限定で発売されました。

 

ロレックスは限定品以外も大変な人気がありますが、限定品はそれ以上に人気が高くなります。

 

「限定品」だけを集めるコレクターも日本には多く存在します。

 

日本人は「限定品」という言葉に弱いのかもしれません。

 

数量限定、期間限定、季節限定、地域限定など、日本には様々な「限定品」があります。

 

これが売り手側の戦略だと理解していても、やはり「限定品」には魅力がありますよね。

 

これは「希少性原理」というもので、同じ物でも数が少ない物の方がより良く見えてしまう心理だそうです。

今回ご紹介しているロレックス116263も、そんな日本限定で発売されたものなので、発売当初は絶大な人気がありました。

 

 

 

状態

状態についてです。

 

動作は通常にしていましたので、見た目の状態について見ていきましょう。

 

ケースに目立つ傷はなく、綺麗な状態です。

ロレックス デイトジャスト2

 

 

ベルトも汚れもヨレもなく良い状態でした。

 

ベルトは皮脂汚れがつきやすいところですが、しっかりとしたお手入れがされているのがわかります。

ロレックス デイトジャスト3

 

 

ケース周りにだけは少し擦れがみられました。

 

腕に着けていると気づかぬまにぶつけてしまう事も多いですよね。

ロレックス デイトジャスト4

 

 

 

査定額

査定額は115万となりました。

 

中古市場でもなかなか値段が下がらないのがロレックスの魅力のひとつです。

 

 

 

 

 

査定ポイント紹介

ロレックスの査定ポイントは、他の品物と同様に状態(見た目の綺麗さと動作具合)も勿論ですが、付属品が揃っているかどうかでも大きく査定額が変動します。

 

理想的なのは、購入時の付属品が全て揃っていることです。

 

今回お買い取りさせていただいた物には、以下の付属品も込みでした。

ロレックス デイトジャスト5

 

 

箱や保証書は勿論、特にコマの有無に関しては大きく査定額に影響します。

 

欠品があるとその分査定額は下がります。

 

最大10万円ほど下がる場合もありますので、購入時に付属していた物は全て捨てずに保管しておくことをおすすめします。

 

 

 

 

 

まとめ

今回お買取りさせて頂いたロレックスは状態もよく、付属品も揃っているもので高額買取ができましたが、ラフテルでは不都合のあるロレックスもしっかり査定させていただきます。

 

不動のものはメンテナンス代がかかってしまう為、査定額はマイナスになってしまうこともありますが、壊れているからと諦めずに是非ご相談ください。

 

ご連絡お待ちしております。