ロレックスのGMTマスターを高額買取しました! 茨城県のお客様

Pocket

名前:S様

年齢:40代

所在地:つくば市

買取した商品:ロレックスGMTマスターⅠ

 

 

 

 

 

買取した商品のご紹介

本日は、ロレックスGMTマスターⅠRef.16700赤青ベゼルをお持ち込みいただきました。

GMT

 

 

近年、赤青ベゼル通称ペプシカラーのGMTマスターはかなり人気が出ており金額も高額になりますのでお客様が通常使用しておりましたこちらの時計をお持ち込みいただきました。

 

今回の経緯としまして、お客様よりSNSを通じて金額の問い合わせがありご説明させていただきましたところ一度ご来店して詳しく聞きたいとの事でお越しいただきました。

 

 

 

状態

お持ち込み頂いた、状態は通常使用してましたので稼働品で動作良好でした。

GMT2

ただ、付属品がなかったのでマイナス査定にはなってしまいましたが人気商品でしたので高額査定でご案内させていただきました。

 

 

 

査定額

今回の時計は90万と金額をつけさせていただきました。

 

お客様は他店の金額も調べてご来店いただいたとの事でした。

 

弊社は、どのようなお客様も丁寧にご説明させていただきご納得の上での買取をさせていただきますし、金額が合わない場合はもちろん査定だけでお持ち帰り頂いてもかまいません。

 

今回は、金額も一番との事でしたのでご納得の上ご売却いただきました。

 

 

 

 

 

査定ポイント紹介

今回は、付属品が大きなポイントとなります。

 

お客様の中では、付属品をなくしたり捨てたりする方もいますが保証書に関しましては査定金額に大きく関わりますのでちゃんと取っておくことをお勧めします。

 

 

 

 

 

まとめ

1990年から製造されたGMTマスターⅠRef.16700は、1983年より登場したGMTマスターⅡの影響で1999年に生産終了となったGMTマスターⅠ最終モデルになります。

 

前のモデルよりデザイン的な大きな変更はなかったですが搭載のムーブメントに変更がございました。

 

Cal.3075からCal.3175に変更されました。

 

シングルブリッジからツインブリッジに変更され安定性とメンテナンス性の向上が図られた。

 

Cal.3175は、GMTマスターⅠRef.16700の為に開発され廃盤となったので専用ムーブメントになった。

 

ブレスレットに関しても、シングルロックだったのがバックルが1995年頃よりダブルロックに変更されより実用性が向上しました。

 

その他、特徴としましては日付の単独変更もポイントです。

 

機能面では、GMTマスターⅡには劣りますが2トーンカラーベゼルの人気上昇に伴い同モデルも今まで以上に人気に、注目を集めている。

 

弊社ラフテルはSNSもFacebook、インスタ、Twitter、なども行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。