ロレックスにアフターダイヤを付けるとどうなる? 価値の変動は??

Pocket

買取した商品のご紹介

この度、買取をさせていただいた商品は、ロレックス デイデイト 18238A旧ダイヤ S番 アフターダイヤです。

 

 

ロレックスの中でもラグジュアリーモデルとして認知度の高いデイデイトは、バブルの最中、とても人気のあったモデルです。

 

通常のモデルとは違い、ベゼル部分にメレダイヤをあしらってあります。

 

付属品は無く、時計本体のみの買取となりました。

 

 

 

状態

時計そのものは大きな傷やへこみ等はありません。

 

コマは2つ外されてあります。

 

ベルトのたれは気持ちありますが、大きなマイナス査定はありません。

 

 

 

査定額

査定額は1,050,000円となりました。

 

 

 

 

 

査定ポイント紹介

査定の大きなポイントとしてご紹介させていただきたいのが、アフターダイヤについてです。

 

近年、ロレックス社より通達があり、ロレックス社外で加工された時計については、著作法違反の為、買取、販売が出来なくなりました。

 

ただし、改造前の状態に戻せるものであれば、取り扱いはできます。

 

この度の商品はベゼルにアフターダイヤ(社外)を取り付けたものになり改造品となります。

 

中古販売させるためには、ベゼル自体を交換しなくてはならないため、大きなマイナス査定となりました。

 

もし、正規のベゼルであれば110万~115万の査定額になっていたと思われます。

 

アフターダイヤの製品においては、他に文字盤にダイヤをあしらっていたり、ベルトを改造していたりするものがありますが、こちらも交換すれば改造前に戻るため、買取は可能です。

 

しかし、時計のラグの部分(ベルトを止めるところ)や本体そのもの(機会が入っているケース)、裏蓋などを改造しているとロレックスとしての価値は無くなってしまいますのでご注意ください。

 

 

 

 

 

まとめ

デイデイトに限らず、各モデルでダイヤモンドや色石の配置、裏蓋などを改造してオリジナリティーを高めることが流行っていました。

 

もちろん個人で楽しむ分には、どのような使われ方をしていても問題はありませんが、売買となればルールが必要となります。

 

買取店によってはアフターダイヤの商品の買取自粛をしているところもありますが、当社は内容によっては対応も可能です。

 

他社で断られた商品でも一度当社に相談してみてください。

 

もし、買取できると判断した場合は出来る限り頑張らせていただきます。

 

皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。