コアな人気を持つディープシーはどのような人に愛されているモデルかご紹介!

Pocket

買取した商品のご紹介

今回は126660ディープシーを買取させていただきました。

ディープシー

 

 

このモデルは2018年に発売されたばかりで前作モデル116660と見た目はあまり変わらないといわれておりますが相変わらずコアなファンに愛され人気モデルの一つとなっているそうです。

 

このモデルは重さが約220gと普通の時計よりもすごく重い傾向があります。

 

実物を見てみると大きさが迫力があり、すごく高級感が増して見えました。

 

 

 

状態

状態はまだ発売されて間もなく、ほとんど使用もされていなかったそうです。

ディープシー2ディープシー3

 

 

ロレックス所有者にどこの部分が傷つきやすいか聞くと時計本体の横の部分とベルト、バックル部分が一番傷がつきやすいとお話をよく聞きます。

 

今回のディープシーは本当にきれいで使っていないのが写真からも伝わってきます。

 

ディープシーは防水機能が3900メートルもあるそうですが今まで海やプールにつけたまま入ったという方は一度も聞いたことがありません。

 

 

 

査定額

今回1300000円お付けさせていただきました。

 

 

 

 

 

査定ポイント紹介

査定ポイントは大きく分けて3

 

1つ目は付属品の有無です。

 

今回はギャランティーカードはありましたが残念ながら箱はなくしてしまったそうです。

ディープシー4

 

ですが不幸中の幸いにもギャランティーカード(保証書)ありましたので大きなマイナス査定にはなりませんでした。

 

仮にギャランティーカードがない場合は大きく値段が下がってしまうこともありますのでご注意ください。

 

次に状態になります。

 

どんなにいいモデルや購入金額が高かった時計でも状態が悪くなってしまうとそれに比例してお値段は下がってきてしまいます。

 

今回は先ほど説明した通り小傷すらほとんどないほどきれいでしたが数十年使用するとオーバーホールなどをしてお手入れされることをお勧めさせていただいております。

 

最後はモデルになります。

 

ロレックスは見た目よりもリファレンスナンバーがすごく重要になってきます。

 

今回の126660と116660を比較しても見た目的に変わった部分はあまりありません。ですが買取のお値段は大きく変わってきます。

 

このようにモデルの種類によっては人気がさまざまあり、お値段も大きく違うため状態や付属品と比べても一番モデルが重要になってきます。

 

今回は人気モデルだったため高額買取をすることができました。

 

 

 

 

 

まとめ

よくロレックスやオメガ、カルティエなど以外の時計は買取対象になるの?などとご質問いただくことが多くなってきました。

 

結論からお伝えさせていただくと、セイコーやシチズン、Gショックなどの時計も大歓迎です。

 

私どもは高級品を持ってきてくださいというわけではなく、ご不要になった商品を最優先に買取させていただくことを考えておりますのでお気軽にどんな商品もご相談ください。