通称グリーンサブを高価買取! グリーンサブの人気はまだまだ続く!?

Pocket

買取した商品のご紹介

グリーンサブことROLEXのサブマリーナRef16610LVを買取らせて頂きました。

 

 

2010年以降から現在も発売がされているRef116610LVの一つ前のグリーンサブになります。

 

Ref16610LV2003年~2010年の約7年間販売されており、現行のRef116610LVとの見た目の大きな違いは以前のRef16610LVのダイヤルがブラックだったのに対し、Ref116610LVはダイヤルまでもがグリーンとなっております。

 

サブマリーナは1953年に世界で初めてのダイバーズウォッチとして誕生し、現在では数あるダイバーズウォッチの基本的なデザインを確立し、ダイバーズウォッチの代名詞のモデルとなりました。

 

サブマリーナは発売当初からとても人気があり、現在もスポーツ・ロレックスの中で1位・2位の人気を誇っています。

 

 

 

状態

箱と保証書二つともありタグやブレスの外したコマもすべて揃っていました。

 

傷やへこみはほとんど使っていなかったらしく風防・ブレス・ベゼル・フラッシュフィット・カバー・ギューズ・裏蓋等ほとんど見られませんでした。


 

 

ほとんど使っていなかった為ブレスのたるみも無く、エト焼けもしておらずとても綺麗な状態でした。

 

エト焼けとは文字盤が焼けてしまうことを指します。

 

 

 

 

 

査定額

この度当店でご提示させて頂いた査定額は123万円となりました。

 

 

 

 

 

査定ポイント紹介

ロレックスの場合時計本体以外に箱や保証書の有無によっても査定額が大きく変わります。

 

特にスポーツ・ロレックスの中には保証書が無いだけで10万円以上も査定額が下がってしまう物もあります。

 

今回は保証書もあり箱も中箱と外箱にその他付属品もすべて揃っていましたので減点ポイントは御座いませんでした。

 

時計本体はまず傷やへこみ等どこの場所にどの程度の損傷があるのかがポイントとなります。

 

一概に1㎜の傷がついているからいくら、というわけでは御座いません。

 

その傷やへこみがどこにあるのかが大事なポイントとなります。

 

傷ではブレスに少々ある分には査定額はさほど変わりません。

 

しかし同じような少しの傷が風防やベゼル等についていた場合減点ポイントとなってしまいます。

 

へこみに関してはどこの部分にあったとしても査定額が下がってしまいます。

 

その中でもベゼルやフラッシュフィットにへこみや変形が見られた場合大きく査定額が下がってしまうことが御座います。

 

今回の品物はこのようなポイントをすべて拝見させて頂いた結果減点ポイントが無く極美品として査定させて頂きました。

 

 

 

 

 

まとめ

現在スポーツ・ロレックスのほとんどが人気が高く価格が高騰しています。

 

Ref16610LVは現行のRef116610LVが出た今でも高い人気がありほとんどの方が購入した価格よりも高い金額で売却しています。

 

サブマリーナやGMTマスターやデイトナなどすぐに売れてしまうため品薄となっています。

 

その為スポーツ・ロレックスの全てを買取強化しております。

 

お持ちのロレックスが御座いましたら一度当店ラフテルまでお問い合わせ頂ければと思います。

 

沢山のご来店・お問い合わせ心よりお待ちしております。