ラバーバンドのヨットマスターの価値は? 発売当初の反響は!?

Pocket

買取した商品のご紹介

この度買取しましたはロレックス・ヨットマスターの型番.116655になります。

ロレックス ヨットマスター

 

 

こちらのモデルは2015年にから初めてステンレススチールのベルトからラバーの素材を採用しました。

 

ベゼル:回転ベゼル

 

素材:ケース エバーローズゴールド/ベルト ラバー

 

防水性:100メートル

 

ムーブメント:Cal.3135 自動巻き

 

文字盤はブラックです。

 

 

 

状態

風防の部分は綺麗です

 ロレックス ヨットマスター2

 

 

横から見て傷はありません。

ロレックス ヨットマスター3

 

 

ベルトも綺麗な状態です。

ロレックス ヨットマスター4

 

 

こちらのモデルは2015の新モデルであり、お客様もあまり手につけることなかった為状態は非常に綺麗です。

ロレックス ヨットマスター5

 

 

 

査定額

ランダム番の新モデルで、状態も綺麗ですので相場最大の買取230万円です。

 

お客様は他の何箇所行きましたか、弊社一番高かったというとことで、お客様からも大変喜びを頂きました。

 

 

 

 

 

査定ポイント紹介

まずロレックスの買取に欠かせないのは付属品です。

 

付属品は時計購入する際にもらえる本体以外のものを指します。

 

基本的には保証書、箱、冊子、タグなどがございますが、買取額はそれぞれです。

 

その中一番価値があるのは保証書になりますので査定の際に是非保証書を探しましょう。

 

保証書については、保証期間過ぎるたら意味がないと思う方よくいらっしゃいますが、実は保証書の保証期間過ぎてもその時計が本物のことを証明できるものになります。

 

次は時計の状態です。

 

時計の状態とは時計の表面の綺麗さを指します。

 

査定の際に時計の状態によって、買取額が変わります。

 

例えば同じモデルでも新品に近いものと使い感があるものだと買取額は数万円の差が出ます。

 

基本的には新品に近いほど買取額が高くなります。

 

状態は初見の印象ですので、買取店に行く前に綺麗に掃除するのをおすすめです。

 

最後にラバーバンドのヨットマスターの価値を紹介いたします。

 

ロレックスであればステンレススのデイトナのイメージありますが、こちらのモデルは発売当初の反響は大きく変わりましたのはラバーベルトです。

 

多くの方気になったのはバラー素材が数年使った際の摩耗によって劣化ですが、ロレックスはブレスレットにも品質が高い耐久性や防水性を備えたラバーを発明しました。

 

その上ラバーベルトの内側には手首に優しくできる特別なクッションが付けています。

 

 

 

 

 

まとめ

現在、ラバーベルトはステンレススチールより肌に優しい、革製よりも汗や水に強い為人気高くなっています。

 

ラフテルではロレックス以外のブランド時計を買取強化しております。

 

売却を考えている方は是非ラフテルまでご連絡ください。